カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の6件の記事

2011年3月21日 (月)

近況

とりあえず無事です。
震災発生の時点でガソリン残量が少なくなっており、その後のガソリンパニックで入手不能に。
いちど車を出したら警告点灯…残り10リットルを切っていますな。
通勤に使っていなくて幸いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

時期FX?

もし本物なら…
CANON60D

今は40Dの発色がギリギリ許容範囲なので、もっと淡泊(色再現のレンジが狭い)な50Dや7Dをスルーしましたが、小型軽量化なら買い換えも考えちゃいますねえ。
今月末とされる公式発表を待つとしますか。

その他にも浮気候補が色々…
青の発色(色再現)やAFに癖があるらしいSD15も、ローパス無しの解像感が魅力的。
もともと軽いK-7とか、次期モデルのK-5の出来によってはシステム入れ替えもアリかも。

えっ?冷蔵庫とエアコンの調子が悪い?地デジが欲しいって?

(∩ ゚д゚)アーアー聞こえなーい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

もうすぐ車検


車検の時期が近付いてきました。
ところで、諸費用はいくらだったっけ?とネットを検索してみると…
お店によって重量税が¥37,800だったり¥30,000だったり、あれれっ?
あわてて国交省のHPに行ってみると、4月から改正されてたのね。
オマケに大臣発表を読んでみたら、新聞報道では値上げばかりが話題になってたのに、神奈川線などの区分けが廃止で値下げ区間も結構あるし、大井の料金所渋滞も無くなるんじゃないの?
なんか、その辺の話はスルーされてません?
近ごろはマスゴミとかなんとかアレですが、新聞の存在意義がナニですなあ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

構造萌え

東京タワーを超えたと聞いて…
ここの荷重がこうなって、この部材はこうなってて…
(・∀・)ニヤニヤ

Img_2975

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

バスカード廃止について

いよいよ関東圏のバス共通カードが今春で発売終了となります。
いろいろ思うところがあったので、ちょっと迷彩と雑音と妄想混じりのエントリです…
そのまま真に受けてはいけませんよ?

--

関東のバス共通カードは「おそらく」、法的にもバスでしか使えない回数券(割引料金)として扱われたために、以前の回数券並みの割引率をおおむね引き継ぎ、社局の垣根無く共通したプレミアムが付帯していました(最大で5000円に対して800円)。
今回のICカード化では、ポイント制によって月単位でのポイント精算となることで、最高の優遇を受けた場合は同等ですが、そこまで届かない利用者にとっては実質値上げとなってしまう制度「改悪」となってしまったわけです。

いくつかの要因があります。

一つ目は、ICカードのチャージは回数券(割引料金)とは違い、法的には電子マネー=通貨に準ずるものとして位置づけられています。
バスカードのようなプレミアの事前付与方式では、理論的には私企業による独自通貨発行=場合によっては通貨偽造に類する触法行為と見なされる可能性すらあるのです。よって「事後のポイント付与による商取引上のサービス」という形態に転化せざるを得なかったこと。

二つ目は、持ち株会社の解禁や公共交通の参入・退出規制が緩和されたことにより、多くの電鉄系の大規模バス事業者までもが、外見上は財務体質の弱い中小規模へと分社化されてしまった影響を受けたこと。
実はバス共通カードですら、関東近県でようやく九割方の事業者に普及したばかりの比較的歴史の浅いシステムでした。通常の車載料金機が各社で何年の減価償却となるのかを知っているわけではないのですが、それでもやっと数年前に機器導入したばかりの事業者も少なからずいる中で、さらにICカードシステムへの投資が求められたのですから、各社の苦労は察せられるところです。
そこへ近年の原油高です。
分社化や雇用の非正規化、委託・外注化などによって、バス事業者の人件費は十%単位で低下したとはいえ、排ガス規制の強化による低公害車への車両更新、システム機器更新とあわせてみれば輸送コストは増加傾向にあり、一方で、都市周辺部では団塊の世代の大量退職や景気低迷による経済活動の縮小による需要の低迷といった逆風にさらされています。

これらの状況から、世の中はデフレでも交通産業にとってはむしろコストは相対的に上昇しており、何とか値上げできないかと悩んでいたところに救いの船が現れた、という構図が見て取れます。

じつは、大手の鉄道事業者でも何社かはICカード導入を機に回数券を廃止し、ポイント制へと切り替える値上げ策を検討していた気配があります。
いまのところ、普通回数券を廃止したりポイント還元(クレジットカードの分は別の話)などの独自サービスに切り替えたりといったところは無いと思いますが、近い将来訪れるであろう需要の激減が見えてきたなかでコスト上昇圧力にさらされているのはバス事業と変わりありません。

--

一方で、電子マネーICカード、とりわけ交通系で採用されたことで爆発的に普及したFeliCaシステムによって、膨大な利益を得ている企業があるとかないとか。カード一枚あたり、システム機器一台あたりの特許料収入って?
あの当時、電子マネー推進の旗を振っていたのがどんな人たちだったのか、興味のある方は調べてみると本が一冊書けるかも。

ちなみにモバイルSuicaですが、私も、私の周辺の誰も使ってないようですねえ…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

信念曲げま…じゃなかった、謹賀新年

新年早々、不謹慎なオヤジギャグで申し訳ありません。
皆様にとって良い一年でありますように、心よりお祈り申し上げます。

記事もアクセスも少ない146ブログですが、今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)