« 2010年9月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年10月の4件の記事

2010年10月17日 (日)

「まとめ」その1

アイドリング不調について不完全ではありますが、経験を踏まえて「まとめ」てみます。

事象:アイドリングが不安定・走行中にエンストするなど

対象車:アルファ145/146、Alfa147・156の一部車種、その他兄弟車

原因と対策例:アイドリングが乱れ、時々エンストする程度の症状が軽いうちはECUのリセットで補正できることがある。

1)エアフロの劣化が疑われる場合。
 純正Boschでも寿命は数万キロ。ノーブランドの社外品は安かろう悪かろうがあるのでご注意。一定速での走行中、アクセルを動かしたつもりがないのにガクッとエンブレがかかるような違和感を感じることが多くなったら、まずはこれ。交換後はECUのリセットが必要になることもある。

2)アイドルコントロールバルブ
 特に99年以降の145/146ツインスパーク(AR32301)は、スロットルポジションセンサにアイドルコントロールバルブ(ICV)機能が内蔵されており、スロットルボディには通常のアイドル流路が存在しない。他モデルの電子スロットルも同様で劣化すると極端なアイドル不整となる。
→アイドリングが1500回転以上に吹け上がってしまう・走行中にエンスト・アクセルのレスポンスに明確な違和感が生じる、等。
清掃で改善することもあるが期待薄。当該部品の交換と、ECUリセットが必要。

3)ショップによってはO2センサ(ラムダセンサ)の交換も勧められるが、こちらはほとんど実害はないと思われる。上記の二点交換だけでかなりの出費になるので、それでも直らないとか車検の排ガスが通らないとかでなければ…

4)その他、バルブタイミング異常や点火系、燃料噴射系のトラブルについてもネット上の報告を発見することができます。こちらのトラブルはもっと深刻なレベルですよね?

雑感:

エアクリーナーを純正乾式からK&Nに変えただけでアイドル不調って、なんだかなあ。
知らずに吸気レゾネーター撤去して毒キノコ入れた人なんて、もっと酷い目に…

ECUにおける自律学習プログラムの不備。というか、ディーラーに誘い込むため?
経年変化に対して自動補正しない設計とはね。

毎年、エアクリが少し詰まったとかエアフロがちょっと汚れた…くらいでエンジン不調が体感できてしまうので、一時的にはディーラーに利益をもたらすのでしょうが、ユーザーはそれ以上に製品の信頼性に疑問を持つわけで。
こんな商売は長続きするはずもなく、その後の車種ではふたたび自動補正プログラムが搭載されてきたようです。

いち時期のルノーや日産、他にもありそうですが、などでも同じ手法がとられており、DIY派ほどあれこれ悩まされることになります。(四文字!)

カーショップでエアフロクリーナーが売れたのは偶然ではないんですね。

アイドル調整に不可欠な各種ツールについては、また後日のエントリで。

つづく…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FiatECUScanアイドル調整

ドライバまわりの設定とかなんかで苦労しましたが、どうやら少し理解が進んだようです。
FiatECUScan
Ws000045
週末は後席パワーウインドーの修理で主治医のところに入庫していたので、ここなら何かあっても大丈夫というわけで…
49.95ユーロ払って限定解除しました。PayPalレートで¥5,859。
さて、どんなものかと接続開始。
このソフトの欠点はGUIに関してのマニュアル(ドキュメント)が不足しているところ。
結果的にアイドル調整も出来たのですが、実行中に何が起こるのか全く説明なしでして…
キャリブレーションが始まってエンジン始動まで進んだところで、初めは全くアイドルが続きません。

背中に冷や汗が…shock

続けざまに何度か始動に失敗して、数分してから再始動。
おっと、今度はアイドリングが続きました。

画面の指示では「~手順の仕上げに10キロ位走行せよ」とのことなので工場の周りを走ってみます。
出だしはいくらかぎくしゃくとしていたのですが、そのうちに落ち着いてアイドリングも静かに滑らかになりました。
これでエンスト病が無くなってくれればOKですね。

帰宅してから改めてスクリーンショットを撮ってみました。
オドメータの数値が変なのは仕様だそうです。
Ws000069

ついでにAlfaDiag もリンク成功。
こちらはまだ試用版なので、たいしたことは出来ません。
Ws000064
GUIはAlfaDiagの方が直感的に分かりやすく、ヘルプもFiatECUScanに比較すれば充実していますので、こっちを買っても良かったか…
主治医のところに一式まとめて置いといてもいいかな?と思いましたが、使ってもらうには日本語のドキュメントを作っておかないといけませんかね。

ていうか、アイドリングくらいクルマの方で自律調整してよ!
\(*`∧´)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

FiatECUScan

以前のノートPCはThinkpadのs30。システム構成にちょっと癖があります。
たまたま秋葉原にx60sなんていうのが格安で転がっていたので、こっちに乗り換えてみました。

FiatECUScan
右のストラット上にあるコネクタに接続してみたら、とりあえずECUとの接続に成功したみたいです。
エンジンかけずにfaultcodeだけ見てみたらO2センサやらなにやら、エラー履歴が…

雨が強くなってきたのと、ノートPCのバッテリーが充電不足で、とっとと撤収。

そ う い え ば 、

Screenショットを撮るの忘れてました…orz

AlfaDiagの方は最新のバージョン3.4をインストール。
こちら今度は「FTD2XX.dllが見つからない」なんてエラーを吐き出し、やっぱり接続不能でした。
VAG-COMケーブルに付属してきたドライバでは、確かにFTD2XXが入ってない…
あらためてチップメーカーのFTDIからドライバをダウンロードしてきたので、また後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

ラフなアイドリング

暑かった夏も終わり、エアコンかけずに走る事も多くなってきましたね。
そうなると、アイドルアップがかからないぶん余計にアイドリング不整が目立ってきました。
とりあえず純正プラグをeBayで探してみたら、円高のせいもありかなり安く入手できそうです。
ただ、時々ではありますが例のエンスト病も再発。って事はプラグだけのトラブルではなさそう...

そう言えば前回のアイドル調整から一年ちよっと経ちましたかね〜
なにぶんエアクリが湿式ガーゼのアレなので、エアフロに影響があるのか?

そこで、前回はECUとのリンクがうまくいかずAlfadiagの導入に失敗して凹んでいたのですが、改めて調べ直そうとネットの海に漕ぎ出してみたら...
最近はFiatECUscanなんてのも人気あるのね。Alfadiagよりインターフェースは使いにくそうですが、リブラやムルチなども含めてOBD〜OBD2時代のフィアット系はたぶん全車に対応、ABSも触れるみたい。どちらがいいのか悩むところです。
例によって翻訳サイトの力を借りて海外のフォーラムを巡回していたところ、「146のOBD用3ピンコネクターは室内に在る」との記述を発見。もしかしてアレがそうかと思い当たりました。
今日はもう遅いので、後日あらためてリベンジですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2011年1月 »