« FiatECUScan | トップページ | 「まとめ」その1 »

2010年10月17日 (日)

FiatECUScanアイドル調整

ドライバまわりの設定とかなんかで苦労しましたが、どうやら少し理解が進んだようです。
FiatECUScan
Ws000045
週末は後席パワーウインドーの修理で主治医のところに入庫していたので、ここなら何かあっても大丈夫というわけで…
49.95ユーロ払って限定解除しました。PayPalレートで¥5,859。
さて、どんなものかと接続開始。
このソフトの欠点はGUIに関してのマニュアル(ドキュメント)が不足しているところ。
結果的にアイドル調整も出来たのですが、実行中に何が起こるのか全く説明なしでして…
キャリブレーションが始まってエンジン始動まで進んだところで、初めは全くアイドルが続きません。

背中に冷や汗が…shock

続けざまに何度か始動に失敗して、数分してから再始動。
おっと、今度はアイドリングが続きました。

画面の指示では「~手順の仕上げに10キロ位走行せよ」とのことなので工場の周りを走ってみます。
出だしはいくらかぎくしゃくとしていたのですが、そのうちに落ち着いてアイドリングも静かに滑らかになりました。
これでエンスト病が無くなってくれればOKですね。

帰宅してから改めてスクリーンショットを撮ってみました。
オドメータの数値が変なのは仕様だそうです。
Ws000069

ついでにAlfaDiag もリンク成功。
こちらはまだ試用版なので、たいしたことは出来ません。
Ws000064
GUIはAlfaDiagの方が直感的に分かりやすく、ヘルプもFiatECUScanに比較すれば充実していますので、こっちを買っても良かったか…
主治医のところに一式まとめて置いといてもいいかな?と思いましたが、使ってもらうには日本語のドキュメントを作っておかないといけませんかね。

ていうか、アイドリングくらいクルマの方で自律調整してよ!
\(*`∧´)/

|

« FiatECUScan | トップページ | 「まとめ」その1 »

Alfa Romeo 146」カテゴリの記事

AlfaDiag」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517437/49770500

この記事へのトラックバック一覧です: FiatECUScanアイドル調整:

« FiatECUScan | トップページ | 「まとめ」その1 »