« インパネ | トップページ | ニコニコ動画発 »

2010年8月29日 (日)

バッテリーを交換

猛暑続きのこの夏、エアコンもフル回転。
ところが、どうもバッテリーがお疲れみたいで電力不足っぽい気配がちらほら。
負荷テストをした訳ではないので、あくまでも何となくですが...
例えばエアコンかけて渋滞中など発電量が不足しがちなシチュエーションで、オーディオが挙動不審になったり、何故かABSの警告灯が点くとか。
マニュアルの記述によれば、ABSの警告灯が点くケースで思い当たるのは電圧降下くらいだし、エアコンかけずにいれば点かない事から、わかりやすいところに眼をつけた次第。
納車時に着いてきたバッテリーは44Ahと標準よりも小さな物でしたし、去年より今年と異常発生の頻度が増えていますので、比重や無負荷電圧には問題無しですが2年ちょっとで退役してもらう事にします。
CEFC1AB0-ACF0-4CB9-A054-16997F03C02D
交換にあたり、軽量なドライタイプやパナソニックなどの高級品も考えましたが、ネットでトレンドを調べてみれば安い中国製韓国製でも良さそうな気がしてきました。一応、CCA値が低い安物や一万円以上のまともなヤツを排除して探してみたところ、どうやらヒュンダイ系のATLASBXあたりが良さそうでしたので値段の安いショップを探していたら、こんなのが...
4C3B46EF-D06B-4DB6-ABEA-C05987579D9B
メーカーホームページの記載ではどうやら中国工場製らしいのですが、あのイタリアンブランドFIAMMですし、何かあればネタにもなるだろうということでコイツに決定。
すぐに届いたので、さっそく交換してみました。
9F0671C4-0C33-4760-84C7-FDDB89E91A40
容量は標準プラスαの65Ah。以前のデルコより一回り大きくなります。
ただ、このケースってどこかで見た記憶が…真っ直ぐ上がらない頼りないハンドルも、もしかして、装飾を除くと旧いGSユアサと同じじゃないかな?
確かに、色こそ違えどデドラに載せていたバスケスのブライトスターバッテリー(GSユアサ)と瓜二つ。OEMで交流のある両社ですので、さもありなんな感じです。
Web上では一見シールドタイプに見えていましたが、現物をよく見ればキャップの上にステッカーが貼ってあるだけじゃんw
確かに密閉式には違いありませんが。
まあ、エンジンルームが華やかになりましたので、良しとしますかね〜
C18C9347-C82C-417B-9F07-518F788E6338

|

« インパネ | トップページ | ニコニコ動画発 »

Alfa Romeo 146」カテゴリの記事

コメント

FIAMMはプジョーとかに新車装着されてますよ。
国内でもアフターパーツで手に入るんですね。

そういえば最近はホーン交換とかしなくなりました。
FIAMMさんとはご無沙汰です。

投稿: ぺんねーむたなか | 2010年8月30日 (月) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517437/49285320

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリーを交換:

« インパネ | トップページ | ニコニコ動画発 »