« 車検 | トップページ | 明日はフィアットの日 »

2010年5月20日 (木)

車検オワタ

146が車検から帰ってきました。

今回、車検のついでに入院して交換したオイルシールです。
Photo
シールは意外と、クランクシールの方が漏れていたとのこと。
そうは言ってもバランスシャフトエンドのシールも劣化してましたので、ポロリと外れてオイルだだ漏れでは困りもの。
走行距離はまだ6万キロちょっとですが、車齢は12歳ですからこんなもんですかね。

クラッチはこんな感じ。
Photo_2
クラッチディスクは少しもったいないかな?くらいの厚み。
Photo_3
一方、レリーズベアリングはまだ原形を保っています(笑)が、潤滑が切れてゴリゴリしはじめています。
ダイヤフラムにはしっかりと段差摩耗が生じていますので、まあまあのタイミングだったかと。
ちなみに、「145/146のミッション降ろしは面倒くさい!知恵の輪みたいで難しい!」は主治医の談。
確かに整備書でも「初めにクロスメンバーを外せ」と書いてあるので、メンバー外さずに降ろすのは大変…しかも工賃は安くなってます。ありがとうございました。

その他、
前回車検の整備記録簿に一部ブレーキホース交換とあったので、入院前にあらためて見ると古いホースは表面のひび割れが始まっていました。
事前に安く手に入ったので、今回からステンメッシュに交換。踏みごたえの曖昧さはどこまで改善できるか疑問でしたが、ブレーキペダルはかなりカッチリした好みのフィーリングに改善されてます。こうなるとパッドも替えたくなりますなあ。
また、今回はエンジンとミッションのオイルにワコーズを選択。
ちょっと走っただけですが、こちらもなめらかで気持ち良くなりました。

帰り道、あまりにクラッチが軽くスムーズになっていたためミートポイントがつかめず、最初の信号でエンストしちゃった…

|

« 車検 | トップページ | 明日はフィアットの日 »

Alfa Romeo 146」カテゴリの記事

コメント

車検うPおめ!
クラッチカバーとベアリングはTIPO4シリーズの弱点ですかね?
デドラも比較的低走行距離で交換した覚えが。
ブレーキは、年に1回液交換するとカッチリし続けますよ。ワシは年4回。多すぎ(笑)。

投稿: 旦那 | 2010年5月20日 (木) 20時29分

>クラッチカバーとベアリングはTIPO4シリーズの弱点ですかね?

特にベアリングですね。前のデドラも、6万キロでガタガタ。ベアリングの玉が出る寸前まで損耗してましたからね。

>ワシは年4回。

さすがに年4回は環境にも悪いですよぉ(笑)
前回のフルード交換直後の感じと比較して、それなりにステンメッシュ効果は感じられました。ということは、結構ヤバい状態だったのかも?
おかげで純正パッドのフィーリングの悪さが目立ちますので、街中でもスポーツパッドが欲しくなります。

投稿: 元でどまる | 2010年5月20日 (木) 22時45分

走行会前に必ずエア抜きついでに換えるからなぁ(苦笑)。
カップ中が透明なのが正常で、ゴミ変色があったらラインの動脈硬化ですから、数ヵ月ごとチェック必要です。
あ、ノーマルパッドでも新品はタッチ良好ですよ。騙されたと思ってお試しを。

投稿: 旦那 | 2010年5月21日 (金) 07時58分

ブレーキ年4回でも、エンジンオイルを1回分セーブすれば同等ですよ。
もっとも最近はオイル交換頻度も下げるのがデフォですからね。ディーラーのメンテパックどおりのドイツ車なんて……。それでも性能は維持できるはずですが。

投稿: ぺんねーむたなか | 2010年5月22日 (土) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517437/48409997

この記事へのトラックバック一覧です: 車検オワタ:

« 車検 | トップページ | 明日はフィアットの日 »