« メモ | トップページ | 血? »

2009年7月16日 (木)

再度のエクザミナorz。タイヤも交換

主治医からの連絡はアイドリング不整の原因であったスロポジセンサー兼アイドルコントロールバルブを交換し、簡易リセット方を試しましたがダメでしたとのこと。
結局またエクザミナでリセットとキャリブレーション…
請求書の事を考えると憂鬱ですが、やっと一年前の購入当初のようなマナーの良いエンジンが帰って来ました。
次に備えて例のソフトについてのリサーチを進めますかね。

今回の入院では、ついでにタイヤも交換しちゃいました。
第一志望は中古のネオバで探していたのですが、モデルチェンジ時期とも重なってか、ちょうど良い出物が見つからず、結局ネットショップで新品が激安(4本25000円送料込み)だったグッドイヤーのレブスペックを装着。
今のところ皮むきの段階で追い込んだ走りはまだですが、これはこれで146のキャラクター的には似合ってるかも。
乗り心地は良いながら粘っこいグリップもあって横Gが逃げないので、旧エコスとは違いキレイにロールする気持ち良い走り味に変貌しました。
お山が楽しみですね~

|

« メモ | トップページ | 血? »

Alfa Romeo 146」カテゴリの記事

コメント

アイドリング不正は治った?んでしょうか。

ちょっと思いついたんですが、エアコンのアイドルアップ機構が悪戯してるんじゃ・・・と。
既出?

投稿: たなま | 2009年7月16日 (木) 23時25分

結局のところ、原因はスロポジセンサー(アクチュエータのポテンショメータも兼ねていた?)でした。全閉付近に接触不良のエリアがあったのでしょう。
生のデータが見られないのでなかなか診断がつきませんでした。

投稿: 元でどまる | 2009年7月17日 (金) 00時46分

スロポジ単体だと取り付け角度変えて誤魔化したりできるんですけどね~。
まずは完治?おめでとうございます。
まだ、デルタカップ富士、特割に間に合いますよ~(^^;。

投稿: 旦那 | 2009年7月17日 (金) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メモ | トップページ | 血? »