« アイドリング | トップページ | 結局のところ… »

2009年6月24日 (水)

どうやら…

いろいろ試したりして、アイドリング不調の原因が絞れてきました。
どうやらエンジンルームの雰囲気温度が上がると異常が出やすい。
スロットルをゆっくり戻すと異常が再現できたりする事が判明。
とりあえず部品が安いので水温センサは先に交換してみますが、スロポジセンサ異常の気配が濃厚です。
まあ、エクザミナを持ってる工場に入れればデータはとれるのでしょうが、webの書き込みを見る限り、ピンポイントでの原因追及はディーラーでも難しいようですので。
とりあえず下流から攻めてみるってことで主治医のところに入庫してみます。

|

« アイドリング | トップページ | 結局のところ… »

Alfa Romeo 146」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アイドリング | トップページ | 結局のところ… »