« 3月の146(エンスト・その2) | トップページ | 連鎖反応? »

2009年4月 7日 (火)

4月の146(エンスト・その3)

3月の続きです。
エアフロを交換して一安心。
風の噂で聞いたECUリセット法(バッテリー外して90秒、つないでキーONで90秒放置?)
ってのを試しながら、一服しながら工具を片付けます。
さて、エンジンを再始動してみると…
「バウンババババウバババウバウンバウバウ」
ダメじゃん!なんじゃこりゃ!ちっともアイドリングが安定しません。
しばらく走ってみると、確かにエンストはしないし、低速トルクも太くなった気がします。
だけどアイドリングは「ババババウバウバババ」と波打ったまま。
そのうちにECUも覚えてくれるでしょうと思っていました。

甘かった…

二週間ほど様子を見ていたのですが、その間100キロほど走っても相変わらず。
これはなんかミスったか?とSOS。
主治医も首をかしげていますが調べてもらいました。
結論。
なんと、自動補正じゃない(補正幅が狭い)からディーラーでの調整が必要とのこと。
主治医からアレーゼに予約を取ってもらい、やっと直りました。
部品交換のたびにエクザミナ?でのECUリセットとキャリブレーションが必要なんて、ね。
アイドリング調整くらい外部のサービスにも開放しろってば。

ちなみに、O2センサとICVにもエラー履歴があったそうですが、こちらは無問題。
どこかでアイドル不調に3点セット交換で10万かかった話も聞きましたが、もしかして…
また、どうやら以前にエアフィルターをK&Nに換えてあったのも影響していたようです。
古いエアフロは鈍かったのでK&Nとの相性問題が出ていなかったという事かな?
調整後はアイドルも安定し、とりあえずひと安心。

|

« 3月の146(エンスト・その2) | トップページ | 連鎖反応? »

Alfa Romeo 146」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517437/44595394

この記事へのトラックバック一覧です: 4月の146(エンスト・その3):

« 3月の146(エンスト・その2) | トップページ | 連鎖反応? »