« 納車直後のインプレ | トップページ | その2,操作系 »

2008年6月14日 (土)

その1,機関

 エンジンはさすがにデドラよりも一世代は新しいツインスパーク。既に5万キロを経過していますが145後期型に積まれているのと同じ155ps?仕様です。アイドリングでの機関音を聞く限りでは最新の水準とはとても言えないものの、マナーも良く滑らかに回ります。
 確かに評判通りごく低速でのトルクは不足気味だし、2~3000回転のあたりでトルクの落ち込みが見られることがありますが、カムの位相が変わる中~高回転ではとってもスムーズかつパワフル。公称115psのデドラからの乗り換えでは馬力も4割増し、加速が良すぎて戸惑うくらいです。燃費の方はまだ満タン計測できておりませんが、ネット上の評判を見る限りでは14万キロ走行のデドラより悪いということもなさそうです。
 そう言えばこれまで自分が買ったクルマで、パワーウェイトレシオが10kg/psを切るのは初めてだったりして。
146_engine01

|

« 納車直後のインプレ | トップページ | その2,操作系 »

Alfa Romeo 146」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517437/41925596

この記事へのトラックバック一覧です: その1,機関:

« 納車直後のインプレ | トップページ | その2,操作系 »