« その1,機関 | トップページ | その3,ボディとか »

2008年6月14日 (土)

その2,操作系

 シフトは例によってストローク大きめですが節度感はあります。シフトノブがジャガイモみたいな握り心地で好みではないため、こいつは近々交換しちゃうと思います。これまた初めての油圧クラッチ(どんな購入歴なんだかw)は、いくぶん唐突に繋がるように感じますが、こんなもんでしょう。デドラのワイヤーと違ってクラッチが触れ合う瞬間の感触までは分かりません。そのほかパワステポンプも静かで強力だし、ブレーキもタッチは良くありませんがローター径が大きくなって制動力は段違い。アクセルペダルも形状がちょっと気にくわないので、そのうち何とかしたいと思います。
 その他、ライト関係の球切れ警告灯が無い(逆にLEDやHIDが使えるのでOK)とか、メーターが少なくなっちゃったとか、車格はデドラよりも明らかに下ということなんでしょう。ただし内装の樹脂や内張など、安っぽくなった一方で製造技術自体には格段の進歩が感じられます。これで室内の収納がもう少し多ければとりあえずは不満も少ないのですが…
 そう、146の購入を決めてからずっと悩み続けていますが、ドリンクの置き場がありません。センターコンソールの形状が違いますので、145専用の社外品ドリンクホルダーも合わなそうです。ペットボトルなら蓋を閉めてシフトレバーの根本に転がしておけるのですが、缶だとちょっと困ります。灰皿も小振りですので、ニコチン中毒かつ缶コーヒー中毒の私には厳しいデザインですな。
 オートエアコンの操作ロジックにはちょっと戸惑いました。コンプレッサスイッチを入れると送風が止まらないとか、ファンを回していなくても温度調整機能が生きているとか。外気導入にしておいたら、夜になって気温が下がったとたん温風が湧き出てきて「もう壊れた!」と焦ったり…。あわてて分厚い取説を出したら全部イタリア語!。読めねえってw。そういえばこのクルマ、並行輸入だっけ。

|

« その1,機関 | トップページ | その3,ボディとか »

Alfa Romeo 146」カテゴリの記事

コメント

文面から察するに、クラッチとブレーキパッドは交換間近と思われますね。同時にクラッチとブレーキのオイルも全交換するのをお勧めします。
納車時にやっていたとしても、それまでの整備暦がわからないわけですから、消耗品は水を含めてやっておくべきでしょう。

投稿: コダンナ | 2008年6月22日 (日) 23時34分

一応、納車前に下に潜って確認しておきました。ローターはそろそろ寿命ですが、パッドは新品同様。クラッチ・ブレーキ共用のフルードは、クラッチレリーズ交換の際に交換され、更に車検時に一部ホースからフルード漏れが発覚したことからエア抜き作業も受けています。
体感と走行距離からみて、クラッチの消耗はそんなに進んでいないかと。歳と共に適応力が鈍化しているのでしょう。いつも油圧クラッチのミートタイミングが分からないのはドライバーの仕様ですw。

投稿: でどまる改め… | 2008年7月 3日 (木) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517437/41925595

この記事へのトラックバック一覧です: その2,操作系:

« その1,機関 | トップページ | その3,ボディとか »